日本で神さまを表現する時「八百万の神々」という言葉を使うことがありますよね。そのまま読むと「はっぴゃくまん」ですが、この場合「やおよろず」と読みます。

これは「とても数が多い、たくさんの」という意味で、数字概念の8,000,000ではありません。ですから800万種類の神さまが存在するわけではないのです。

八百万の神は古事記からある表現で、日本書紀の文献などにも八十神、八十万神という表現が登場します。「八」という数字は最高に縁起が良い数字と考えられていたと同時に、八百万は限りなく無限に近い数の例えとして使われていたようです。

森羅万象に神が宿るという独特な考え方

yaoyorozu3

古来より日本人は豊かな自然からさまざまな恩恵を受け、時には厳しい天災に揉まれ、いつしか自然そのものを崇拝するようになります。

そこから「あらゆる物事は神によって生み出され、それらすべてに精霊が宿る」という日本独特の考え方が生まれました。

そして時が経ち、自然に宿る精霊たちが神へと変化し「八百万の神」として現代にも語り継がれるようになった、と考えられています。

日本の神さまは、山や川などの自然や台所やトイレなどの家の中、そして小さな米つぶの中にまで、あらゆる場所に共存しています。決してお姿を見せることなく、ひっそりと私たちを見守っているのです。

神さまの正しい数え方

そんな無限に存在している神さまですが、正しい数え方はご存知でしょうか?

1神、2神? 1体、2体…?

実は「1柱、2柱」と数えます。
それはなぜでしょう?

古来より神さまは目に見える存在ではないものとされており、儀式の時は何かに降りていただかなければなりませんでした。

そんな時、降りていただく対象物(依代)の代表的なものが大きな樹木だったのです。(木は1本、2本と数えますが、1柱、2柱とも数えます)

いつしかその名残から神さまも同じ単位で数えるようになったという説が有力なようです。

おおらかで懐が深い八百万の神さまとそれを信じる日本人。ひとつのことに拘ったりせず、まぁいいじゃないか!とお互いを認めあう、そんな日本人特有の感性はとても素敵な感覚だと思います。