「暑中見舞い(しょちゅうみまい)」「残暑見舞い(ざんしょみまい)」とは、夏の暑さが厳しい時期に知人やお世話になった方へ安否を尋ねたり、近況報告を送る季節の挨拶状のことです。

暑中見舞い・残暑見舞いを送る時期

  • 暑中見舞い梅雨明け~立秋の前まで
    暑中見舞いの時期は諸説あり、二十四節気の小暑(7月7日頃)から、夏の土用(7月20日頃)から、梅雨明けから、などがある。最も暑さが厳しい時期の挨拶状なので、目安としては梅雨明けからお盆に入る前までに送るのが良い。地域によって梅雨明けの時期が異なるのでご注意を。
  • 残暑見舞い:立秋~8月末まで
    秋になりましたがまだまだ暑いですね、という挨拶状なので暦の上で秋になった立秋(8月8日頃)~8月末、遅くとも白露(9月7日頃)までに出すのが良い。9月を過ぎると受け取る側が遅いと感じることもあるのでご注意を。
暑中(残暑)見舞いの基本の書き方

基本は5つの構成で成り立っています。例を用いて書き方についてご紹介します。

1.冒頭のあいさつ
「暑中(残暑)お見舞い申し上げます」など、暑中・残暑をお見舞いする冒頭のあいさつを書きます。 本文より大きめに書くとバランスが良いです。句点は不要。

2.時候のあいさつ
「暑い日が続いておりますが…」など季節に応じた心情や季節感を現す言葉を書きます。 そのあとに「いかがお過ごしですか」など相手の健康を気遣う言葉を続けます。

3.本文
自分や家族の近況報告、贈答品のお礼などを書きます。この部分は自分らしく自由に書くと良し。 旅先から感想を送るのも良いでしょう。

4.結びのあいさつ
挨拶状の主旨である相手への健康の気遣い、無事を祈るの言葉で最後を締めくくります。

5.日付
正確な日付ではなく「平成○○年 盛夏」など、年数のあとに、 暑中見舞いの場合は「盛夏」、残暑見舞いの場合は「晩夏」「立秋」「葉月」などの言葉を添えます。

暑中(残暑)見舞いの注意すべきマナー

shochuzanshomimai12camera-icon『夏衣裳当世美人 越後屋仕入のちぢみ向キ』『錦織歌麿形新模様 文読み』喜多川歌麿

暑中見舞いと残暑見舞い、出すのは片方のみ
同じ相手にはどちらか片方だけを出すのが一般的。どちらを送るかは送る時期によって変わります。

返信は早めに出すのが良し
挨拶状を頂いたらなるべく早めにお返しするのが一般的。遅くとも1週間以内に届くよう心がけましょう。

暑中見舞いは喪中でも出せる
年賀状は「新年を祝う」挨拶状のため喪中の方には出せませんが、暑中見舞いは寒中見舞いと同じく「季節の挨拶状」であるので、 出しても良いというのが一般的。しかし、はがきの絵柄を控えめにする、四十九日以降に出すなど配慮は必要です。

目上の方へ送るときはお見舞いではなく「お伺い」
「見舞う」という言葉は、目上の方に対しては失礼にあたると言われています。ですので目上の方や会社のお得意様、お客様などには「暑中お伺い」と書きます。

「、」「。」などの句読点は避ける
もともと句読点はうまく文字を読めない人のために使われ始めたものなので、敬意を払う相手に送る文章や挨拶状に句読点を用いることは失礼にあたると言われています。また「区切りをつけない」という意味合いでも句読点は用いない方が好ましいようです。

こちらの記事もあわせてどうぞ:暑中見舞いの起源