今回は日本における鍵の歴史のお話です。

世界における鍵の歴史は古く、最も古い鍵は「エジプト錠」と呼ばれる木製の鍵で、紀元前2000年ごろのエジプトに存在していたと言われています。
この4000年以上前に登場したエジプト錠、木製ではあるものの現代と同じような原理で作られていたという話ですから驚きです。

では、日本の鍵は?というと、実は意外にも歴史が浅いことはご存じでしょうか。

国内最古の鍵は飛鳥時代

日本で見つかっている最古の鍵は、1998年に野々上遺跡(大阪府羽曳野市)から出土された「海老錠(えびじょう)」と言われており、飛鳥時代のものと推定されています。正倉院にも、ほぼ同じ時代に中国の唐から伝わってきたものが現在も保存されているそうです。(ちなみに海老錠という名前は形が海老に似ているところからつけられたそうな)

それから室町時代まで鍵の主流は渡来品の海老錠のまま特に変化はなく、日本オリジナルの鍵が生まれないまま時代が過ぎていきます。

日本製の鍵、「和錠」の発展

戦国時代になると武器の需要が高まり、金属加工技術が著しく発達していきます。 そこからようやく日本独特の鍵が生まれるようになりました。それがいわゆる日本の鍵、「和錠」のはじまりです。エジプト錠の頃から考えると、かなり最近の話ですよね。

nipponkagi5

そして、文化が花開く江戸時代。
裕福な武家や商人たちが財産を保管するために次々と蔵を建てるようになります。 必死になって蓄えた財産を誰かに盗られるにはいきませんから、鍵をかける必要があります。

こうして鍵の需要が高まったこと、そして平和な時代の訪れによって 仕事が減ってしまった刀鍛冶職人の副業として和錠作りが流行したことが大きく影響し、 和錠が発展するきっかけとなりました。

江戸時代の庶民は施錠していなかった?

江戸時代で和錠が発展したお話をしましたが、実際に鍵を使っていたのは一部の層だけで一般庶民にはほぼ無縁の存在だったようです。 確かに時代劇を見ているとそのような描写は少ないですよね。

戸締りはしていたようですが、行うのは留守中ではなく在宅中の夜。 それも戸に心張り棒(しんばりぼう)をあてがうだけ…というシンプルなものでした。 (心張り棒さえも使わなかったという話もあります)

現代では考えられませんが、日中は誰でも出入りが自由な環境だったのです。そんなにオープンで大丈夫だったのか。暮らしていると貴重品など色々あるじゃない…?とモヤモヤしますが、

  • 江戸時代は鎖国中ということもあり、治安がとてもよかった
  • 庶民が多く住む長屋には木戸が設けられていて通行を管理されていたこともあり、常に人の目があったため不審者が入り込む隙がなかった
  • 「五人組」制度など近隣でコミュニティがしっかり出来上がっていた

そのようなことから防犯のための鍵は必要なかったらしいのです。

nipponkagi2camera-icon『式亭三馬作「浮世床」初編の挿絵』 歌川国直
当時の庶民の生活の様子がいきいきと描かれている。中央に描かれているのが長屋の入り口の木戸。

そもそも江戸時代の庶民たちは「宵越しの金は持たねぇ」の言葉通り、 その日暮らしと言いますか、余分なお金は持たなかった(持てなかった?)ようですので金品目当てで宅内に侵入する物好きさんは、そうそういなかったのかもしれません。

bar01

世界からみると鍵の発展は少し遅かった日本ですが、決して文化が遅れているわけではなく、ただ単に「必要がなかった」というのが本当に興味深いですね。 昭和の時代まではそんな名残りが身近にも残っていた気がします。しかし、鍵が必要のない世界ってどんな感じだったのでしょうか。

bar01

2016年7月18日 (追記)
また新たに日本最古級の海老錠の一部が発掘されたそうですね!
今回発掘された場所は、奈良県明日香村の「飛鳥京跡苑池」。出土した鍵は7世紀後半頃のもので大きさは9.5cmほどでL字型。保存状態がとても良く、金具と連結する通し穴もしっかり残っているのだそう。 表面には線刻が施され漆が塗られており、正倉院で保存されているものと同じ特徴を持っているのだとか。
飛鳥時代の品は大変貴重で、また今回出土した鍵は国産の可能性が高いとのことですので、今後の調査報告が楽しみですね。