「あの俳優さんは二枚目だねぇ~」

かっこいい男性のことを「二枚目」、お調子者な男性のことを「三枚目」と表現したりしますが、一体なにが「二枚目」「三枚目」なのか気になったことはありませんか。

語源は歌舞伎の看板から

実は「二枚目」というのは江戸時代に大流行した歌舞伎からはじまります。当時、芝居小屋の表正面には主要な俳優役者名の書かれた看板をずらりと掲げていました。

一番右から数えて二枚目は美男子役、三枚目はお調子者役…と飾る順番が決まっており、そこから二枚目=色男、三枚目=お調子者と呼ぶようになったようです。

nimaime2camera-icon『東都名所 芝居町繁榮之圖』 歌川広重

実は看板は全部で八枚ある!

二枚、三枚だけでなく看板は全部で八枚あり、それぞれ意味があります。

  • 一枚目…主役(しゅやく)
    主役。最も人気のある役者。
  • 二枚目…色男(いろおとこ)
    美男役。色事担当。
  • 三枚目…道化(どうけ)
    おとぼけ役。お笑い担当。
  • 四枚目…中軸(なかじく)
    まとめ役。大物役者。
  • 五枚目…敵役(かたきやく)
    一般的な敵役。憎いヤツ。
  • 六枚目…実敵(じつがたき)
    憎めない敵役。実は良いヤツ。
  • 七枚目…実悪(じつあく)
    全ての悪事の黒幕。ラスボス。 
  • 八枚目…座長(ざがしら)
    座長。元締め。

なんだか戦隊ヒーローみたいな構成ですね。看板を見ているだけでワクワクしてきそうです。

bar01

最近ではかっこいい男性のことを「イケメン」と呼ぶことの方が多くなってきましたが、元々は「イケてるメンズ」というギャル語からなんですよね。筆者が子供の頃、イケイケなお姉さんたちがそう呼んでいたことを思い出します。こんなにも世間に広がるとは思いもしませんでしたが…。
「二枚目」という言葉もこんな風に歌舞伎役者にお熱な方々が言い始めて広がったのかも?なんて考えると、人というものは今も昔も大して変わっていないのかもしれませんね。