電話の際に何気なく使っている言葉「もしもし」。
「もし」ってなんだろう?なぜ2回繰り返すの?と疑問に思ったので調べてみました。

「もしもし」のはじまり

もしもしは、「申(もう)し」という言葉が変化したもので、「申す」は「言う」の尊敬語。もともとは神仏に願いをかける際に使う言葉だったそうです。次第に神仏だけでなく、人間同士の身分の高い人に対して使う謙譲語としても使われるようになりました。

室町時代から使われていた

室町時代になると「申す」は、くだけた意味にも使われるようになります。
今で言う「こんにちは」に相当するあいさつとして「ものもう」が使われるようになります。そこから人を呼びかける時には「もうし もうし」を使うようになり、次第に変化していきました。

江戸時代になると、この「もうし」が当たり前のように使われていたようですから「もしもし」という言葉は、この「もうし もうし」から始まり、昔から馴染みのある言葉だったのですね。

電話で使われるようになったのは?

明治23年。日本で初めて電話が開通しました。電話と言えども当時は電話交換手に中継ぎして繋いでもらう現代のコールセンターのような仕組みだったそうです。

当時、電話の性能があまり良くなく聞き取りにくかったため、話し始めに合図として何か呼び掛ける言葉が必要でした。主に電話を利用していたのが高級官僚や実業家など社会的地位の高い人たちだったということもあり、当初は「おいおい」と呼び掛けていたそうです。

しかし、中継ぎの人が別の、しかも地位の高い人へ「おいおい」と電話を繋ぐわけにはいきませんので、もう少し丁寧な言葉をと見直されます。そうして「申します申します」と呼び掛けるようになり、やがて短縮され「もしもし」になっていったというわけです。

そしてもう一つ、日本で電話を導入するにあたり、すでに電話が普及していたアメリカへ調査研究に行った加藤木 (かとぎ) 氏が、「ハロー」に相当する日本語はないかと検討した結果、「もしもし」が選ばれたという説もあります。

明治35年頃には電話の呼び掛けは「もしもし」に統一されていたようですので、現代私たちが当たり前のように使っている「もしもし」はこの時代から定着していったものだったのですね。

「おいおい」だったかもしれないなんてびっくりでした。どなたが決定したのか定かではないですが「もしもし」に統一してくれて本当によかったと思います。

何気なく使っていますが、これからお話しますよー!という意味を含むクッションのような役割の言葉だったのですね。現代では聞き返す時も使ったりしますので、こちらも聞く準備はできてますよの合図にもなるのでしょうか。短い音の中に日本人の気遣いの心を見た気がしました。