この時期の楽しみといえば「紅葉狩り(もみじがり)」ですよね。次の休日はどこへ出かけよう?と楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

そんな紅葉狩りですが、収穫するわけでもないのになぜ「狩り」と呼ぶのだろうと不思議に思ったことはありませんか?

今回はその紅葉狩りについてのお話です。

そもそも「狩り」とは?

「狩り」とは本来、野山で獣や鳥を追い立てて捕らえることをいいます。

古来より日本は鷹狩りや鹿狩りなど「狩り」をさかんに行う地域でした。次第に狩猟することだけでなく木の実やきのこなど植物を採集することも含むようになり、やがて野山に分け入っていく行動自体も「狩り」と呼ぶようになりました。

紅葉を楽しむことを「紅葉狩り」と呼んだのはいつから?

日本最古の歌集「万葉集」の中で、すでに紅葉の美しさの歌が詠まれてたり、紫式部の「源氏物語」の中にも貴族の雅な遊びの一つとして紅葉狩りをしている様子が描かれていることから少なくとも、1200年前、平安時代には紅葉狩りが行われていたことがわかっています。

平安貴族たちは邸宅内に桜や藤など様々な種類の花を植えて庭園鑑賞を楽しんでいたそうですが、当時の観賞用もみじは渓谷に自生しているだけのとても珍しい存在でした。ですので紅葉を楽しむためには山や渓谷へ出かけなければなりません。

『観楓図屏風』狩野秀頼camera-icon『観楓図屏風』狩野秀頼 東京国立博物館蔵

紅葉を求めて野山へ分け入り、紅葉した木々を眺め、真っ赤に染まった葉を収集し、枝を手折って鑑賞する…

このような行動から「狩り」の言葉が使われはじめ、やがて紅葉を愛でることを「紅葉狩り」と呼ぶようになりました。

ただ遠くの紅葉した山々をぼんやりと眺めることは「紅葉狩り」ではなく、紅葉を求めて野山に分け入り、実際に手に取って鑑賞すること、それが紅葉「狩り」なのですね。

紅葉(もみじ)と楓(かえで)の違いとは?

秋の夕日に~照る山もみじ~♪
一度は聞いたことのある童謡「紅葉(もみじ)」ですが、歌詞の中に出てくる「もみじ」と「かえで」のこの2つの違いはご存知ですか?

実はどちらともカエデ科のカエデ属の植物で、植物学的には紅葉も楓も同じ「カエデ」なのです

ではなぜ、もみじと呼ぶのでしょう?

もみじという言葉はベニバナから染料を揉みだす「もみづ」という言葉に由来します。葉が色づく様子が染料を抽出するときの色の変化と似ているので「もみぢ」というようになり、やがて紅葉する木を代表してカエデ属が「もみじ」と呼ばれるようになりました。

「もみじ」というのは秋に葉が赤や黄色に変色する現象のことを言っていたのですね。

一方、楓は葉がカエルの形に似ていることから「蛙手(カエルデ)」と呼ぶようになり、「かへるで」が訛って「かえで」となったそう。

園芸や盆栽では「紅葉」と「楓」は別のもの

園芸や盆栽の世界では葉の切れこみ数などによって明確に区別されているそうです。

  • 紅葉
    葉が小さく、切れ込みが多くて深いもの。紅葉で真っ赤になるもの。
    (例)イロハモミジ、ヤマモミジ、オオモミジなど

  • 葉が大きく、切れ込みが浅いもの。
    (例)トウカエデ、イタヤカエデなど

momijigari2

他にも沢山種類があるので、調べてみると面白いですよ。

bar01楓は世界中に何百種類とあるそうですが、海外ではカエデ属植物を全て「maple」とひと括りに呼んでおり、「紅葉」「楓」と区別しているのはなんと日本だけなのだそうです。繊細な感性が日本人らしくて素敵ですよね。紅葉狩りに出かけた際はそんなことを思い出しながら鑑賞すると一味違うかもしれません。