7日…立秋

11日山の日

23日…処暑

bar01

和名:葉月(はづき)

旧暦8月の異称のこと。由来は諸説あり、落葉が始まる月の「葉落ち月」説、稲穂が実り始める月の「穂張り月」説、北方から雁が来る月の「初雁月(はつかりづき)」などが有名である。

今月のひとこと

夏の代表的な野菜といえば「茄子(なす)」ですよね。煮浸しにしたり麻婆風にしてみたり、お味噌汁に入れてみたり…と様々なレシピに登場する万能な夏野菜ですが、いつ頃から日本にあるのでしょうか。

調べてみると、なんと茄子の原産地は「インド」で、そこからビルマを経由して中国へと渡り、日本にやってきたのは奈良時代の頃なのだそうです。

平城京の長屋王邸宅跡から出土した木簡に「進物 加須津毛瓜 加須津韓奈須比」との記述が見つかっており、どうやら位の高い方への贈り物として茄子の粕漬け(奈良漬)が使われていたことが判明しているのだそうです。1300年以上も前から日本人に好まれている野菜だったのですね。

二十四節気の一覧はこちら
http://nipponsharemono.net/24sekki-326