12月13日は正月事始め(しょうがつことはじめ)の日です。
正月事始めは何をする日かご存じですか?

正月事始めとは?

正月事始めとは「煤払い」「松迎え」など、新年を迎える準備を始める日のこと。元々、正月準備は12月中旬から徐々に始めるものであり、事始めの日が13日と決まっていたわけではありませんでした。

次第に、
正月は年神様をお迎えする大切な行事なのだから、おめでたい日に設定しよう!

ということになり、婚礼以外であればすべてが大吉となる鬼宿日(きしゅくにち)が事始めに相応しい日とされ、13日に定着していったそうです。(12月8日を事始めとするところもあります。)

では、実際に正月事始めではどんな準備を行うのでしょうか?

煤払い(すすはらい)

まずは「煤払い」と呼ばれる大掃除を行います。
この煤払いというのは、ただの掃除ではなく一年間溜まった穢れを清めるのが目的。正月に気持ち良く年神様をお迎えするために家の内外の一年の汚れを払い、清めます。

一年の汚れを隅々まで綺麗に取り払うと年神様がたくさんのご利益を持って降りてくると言われており、その昔、煤払いが終わると大きな商家ではその家の主人を胴上げしたり宴を開いたりと、とても賑やかな行事だったようです。

正月は年神様と一緒に御先祖様も帰ってくるとされていたので、神棚や仏壇の掃除をする習わしもあります。

koromogae2camera-icon『千代田之大奥 御煤掃』 楊洲周延
煤払いが終わった後は、「納めの祝い」と称して食事や酒が振る舞われ、時には胴上げや隠し芸なども行われていた。浮世絵でも楽しげに胴上げ(?)をしている様子が描かれている。

松迎え(まつむかえ)

煤払いが終わったあとは、正月飾りの門松につかう松や雑煮を炊く薪を、その家の家長もしくは新年の年男が山へ取りに行きます。これが「松迎え」です。

そして年神様を家に迎え入れるための依り代として飾る門松は、この正月事始め以降~28日の間に飾ります。
29日に飾ることは「二重苦」で苦に通じる、31日の大晦日に飾ることは一夜松といい、神を疎かにするということからこの日を避けて飾ります。現在ではクリスマスが過ぎた26日頃に飾る家が多いようです。

bar01

子供の頃、年末の大掃除は面倒なものでしたが、「一年の汚れをしっかり落とせば来年はいい年になる」と言われ、必死になって掃除した記憶があります。正月事始めという言葉は知りませんでしたが、家の中を清め、新しい年を迎えるという昔からの習わしが我が家にも残っていたのだなと改めて感じました。

忙しくなると今年は大掃除はしなくてもいいか…と気が緩んでしまいがちですが、日本の大事な年末の行事として、筆者も重い腰を上げ、そろそろ大掃除を始めてみようかと思います。