晴れやかなお正月が終わったあとに、再びお正月がやってくることをご存じでしょうか。その名も小さなお正月と書いて「小正月(こしょうがつ)」。本日1月15日がちょうど小正月にあたります。

カレンダーによって表記されていたりいなかったりと、やや存在が薄い小正月。
今回はその謎めいた小正月について調べてみました。

「小正月」はどんな日?

小正月とは1月15日に行われる行事のことで、元日を「大正月(おおしょうがつ)」と呼ぶのに対して、1月15日を「小正月(こしょうがつ)」と呼びます。別名として「花正月」「女正月」「小年」「二番正月」「若年」などがあり、地域によってはこの小正月までをお正月とする風習もあるそうです。

地域によっては14〜16日の3日間を指したり、元日〜15日までの15日間のことを指したりする。正確には14日の日没から15日の日没までとされている。

小正月で行われる行事

大正月は歳神様をお迎えし、お祀りすることを目的とした行事が多いのですが、小正月では豊作祈願など身近で家庭的な行事が多いのが特徴です。一般的に知られている行事をご紹介します。

  • どんと焼き、左義長(さぎちょう)
    呼び名は色々あるが全国各地で行われている有名な火祭り。役目を終えた正月飾りや古いお札、書き初めなどを持ち寄って燃やし、この火で焼いたお餅や団子を食べると一年間無病息災など各地にさまざまな言い伝えがある。またこの火や煙に乗って歳神様がお帰りになるとも言われているのでこの日が正月の終わりとする地域もある。
  • 餅花(もちばな)、繭玉(まゆだま)、削り花
    大正月では門松を飾るが、小正月ではお餅やお米を小さくまるめてヤナギなどの木の枝に指して飾る「餅花(繭玉)」や、柔らかい白木を花の形に削りだした「削り花」を飾る。このことから「花正月」とも呼ばれるようになった。
  • 女正月(おんなしょうがつ)
    年末から年始まで何かと忙しかった女性たちを労う意味で「女正月」とも呼ばれ、地域によってはこの日は女性の代わりに男性が家事などを行うこともある。
  • 小豆粥(あずきがゆ)
    大正月はお雑煮、人日の節句では七草粥を食べるが小正月では小豆粥を食べる風習がある。小豆粥を食べる風習は千年以上も前から行われており、小豆の赤い色は邪気を祓う力があるとされ、小豆粥を食べると一年間無病息災で過ごせるとの言い伝えがある。粥の炊き上がり方によって、その年の吉凶を占うご神事もある。
小正月は日本の○○のお正月だった!

古代の日本では満月はめでたいものの象徴とされており、満月の日を月初めと考えられていました。 当然のように1年の始まりであるお正月も満月の日となり、この日は盛大に新年のお祝いをしていたそうです。

やがて大和朝廷の制度改革によって日本に中国暦が導入されるようになります。すると今度は新月の日が月初めとなり、今まで月初めだった満月が月の真ん中になってしまいました。

長い時をかけて根付いてきた風習は急には変わらないものです。
お正月行事は新しい暦へと移行されますが、古代の暦のお正月も大切な行事として残ります。そうして「大正月」「小正月」とそれぞれ呼び名を改め、結果的に日本のお正月は年に2度やって来るようなりました。つまり小正月というのは「日本の元祖お正月」の名残なのです。


camera-icon『江都駿河町三井見世略圖』 葛飾北斎

では、旧正月とは?

小正月が元祖お正月ということはわかりましたが、よくニュースなどで耳にする「旧正月」は一体いつのことなのでしょうか。

旧正月とはその名の通り、旧暦のお正月のこと。旧暦というのは先ほど出てきた新月の日が月初めとされる中国暦(太陰太陽暦)のことで古墳時代から明治時代初期まで日本で長く使われてきました。

農業が中心だった大昔は春が一年の始まりと考えられており、旧暦のお正月も春の始まりである立春に近い新月の日に定められていました。現代でもお正月を新春と呼ぶのはこの頃の名残なのだとか。

日本ではあまり身近ではなくなってしまいましたが、現代でも中華圏の国々では旧正月の日は重要な祝日とされ盛大なお祝いをするそうです。中国の春節などが有名ですよね。

様々なお正月が登場しましたが、ここで少し整理してみると、

・大正月=現在のグレゴリオ暦のお正月 (新暦の1月1日)
・小正月=満月から始まる古代の暦のお正月 (新暦の1月15日)
・旧正月=新月から始まる旧暦のお正月 (新暦の1月下旬~2月上旬頃)

ということになります。小正月と旧正月がごちゃまぜになって勘違いされやすいのですが小正月と旧正月は全く別の日で、日本のお正月は新旧合わせて3つも存在している!のでした。

本日は今年2回目の、そして日本元祖のお正月です。古代日本のお正月はどんなだったのだろう?と想いを馳せてみるのも楽しいかもしれません。