10月1日は冬の衣替えの日ですね。
年に2回、当たり前のように行っている「衣替え」の習慣ですが、実は一千年以上の長い歴史があることはご存知でしょうか。意外と歴史が長かった!そんな「衣替え」の歴史のお話です。

始まりは平安時代

衣替えの習慣は平安時代の宮中行事がはじまりでした。当時、中国の風習に倣って旧暦の4月1日と10月の1日に夏服と冬服を着替えることが定められていました。

このことを「更衣(こうい)」と呼び、この更衣というのは着替えを手助けする女官の役職名も指していたので、そのままではわかりにくいため、季節によって衣を変更することを「衣替え」と呼ぶようになったそうです。

鎌倉時代になると衣だけでなく調度品も取り替えていたようですよ。

koromogae2camera-icon 国宝『源氏物語絵巻 東屋一』徳川美術館蔵

貴族社会から武家社会へ

時代が変わり、江戸時代の武家社会では着物の種類が増えたため、年に4回衣替えが行われました。

  • 4月1日から5月4日
    袷(あわせ)という裏地付きの着物
  • 5月5日から8月末
    帷子(かたびら)という裏地なしの単仕立ての着物
  • 9月1日から9月8日
    袷。裏地付きの着物
  • 9月9日から翌年3月末
    綿入れという表布と裏布の間に綿を入れた着物

こんなに細かく定められていました。なんだか忙しそうですね。
はじめは武士の制度でしたが、段々と広く浸透し庶民も行うようになりました。

現代の衣替えの時期は明治から

明治時代になると洋服が取り入れられ、役人・警察・軍人に制服が定められます。それに伴い「夏服は6月1日から、冬服は10月1日から」という衣替えの時期が制定されました。

次第に学生服や一般の家庭へと定着していき、これが今日の衣替えの時期の元となりました。現在でもこの期間を目安に多くの地域で衣替えが行われています。

bar01

皆さんは、衣替えの作業は順調ですか?
筆者はまだまだ箪笥の中に夏服がひしめき合っている状態です。そろそろ始めるか、と重い腰を上げても気温の変化で着る服が変わったりと衣替えってなかなか難しいんですよね。

そんな少々面倒な衣替えも、千年以上前の雅な方々も衣替えをしていたのか…と思いを馳せれば、作業も少しは楽しくなるかも?なんてことを考えながら、まずは夏服を洗濯したいと思います。