本日5月5日は「こどもの日」ですが、元々は五節句の「端午(たんご)の節句」にあたります。

「端午の節句」とは、元々は中国から入ってきた厄払いの風習で、別名「菖蒲(しょうぶ)の節句」とも言われ、この日は門に菖蒲をかけたり、菖蒲を浸けたお酒を飲んだりして厄払いをする日だったそうです。

日本では鎌倉時代より、菖蒲の読み方が尚武(しょうぶ:武道・武勇を重んじること)と通じること、 菖蒲の葉の形が剣を連想させることなどから男の子の節句とされ、男の子の成長を祝う行事になりました。

さてさて。前置きが長くなってしまいましたが、
この日に欠かせないお飾りの一つと言えば「鯉のぼり」ですよね。 今回はその鯉のぼりについて調べてみました。

鯉のぼりのはじまり

日本では武家に男子が生まれると玄関先に家紋のついた幟(のぼり)を立てて祝うのが習慣でした。それが段々と庶民層にも広がり、裕福な庶民が幟のかわりとなる鯉のぼりを考案。そして武家に対抗するような形で飾るようになったことがはじまりだと言われています。なので最初から魚の形をしていたわけではないのですね。

では、なぜ「鯉」なのか?というと、
鯉の生命力の強さから「どんな環境でもたくましく成長し、立派に育つように」という願いと、中国の故事「鯉の滝登り」に由来しているとも言われています。

鯉の滝登り…
黄河の急流にある竜門と呼ばれる滝を多くの魚が登ろうと試みたが、鯉のみが登り切り、龍になることができた話。立身出世の象徴とされる。

koinobori2
camera-icon『名所江戸百景 水道橋駿河台』 歌川広重

赤い鯉のぼりは「お母さん」ではない、母不在の謎

鯉のぼりというのは両親と子供たちで構成された幸せの象徴みたいなものだと思っていたのですが、ここで童謡「こいのぼり」の歌詞を思い出してみると…

「大きい真鯉はお父さん、小さい緋鯉は子供たち~♪」

と、歌われているんですよね。
二番目に泳いでいるお母さんっぽい赤い鯉のぼりは、実は「子供」だったのです。

では、お母さんはどこへ行ってしまったのでしょう。

母不在の理由 「年に一度だけの休暇」説

端午の節句は男の子の成長を祝う行事なのですが、もともとは「女性のお祭り」だったそうです。

というのも、稲作が生活の中心であった昔の日本では、5月の田植えは一年の中で最も重要な時期でした。

当時、田植えは女性たちにとって大事なお仕事。田植えが始まる前の晩、早乙女(さおとめ)と呼ばれる若い娘たちが神社などに集まって豊作を祈る儀式を行いました。 その儀式が終わったあとは、その日だけは特別に家事などの仕事をお休みして良いことになっていたそうなのです。

端午の節句は女性にとって、年に一度だけのお休みだったわけです。
ですから鯉のぼりのお母さんも特別なお休みを満喫中…?なのかもしれませんね。

母不在の理由 「縁の下の力持ち」説

ここで鯉のぼりの数の変化に注目してみます。

koinobori6

  • 鯉のぼりが誕生した江戸時代…真鯉1匹
    息子の立身出世を願う意味が強い(息子)
  • 明治から昭和中期…真鯉、緋鯉の2匹
    家長制度が根付いていた時代背景によりお父さん登場(父、息子)
  • 昭和中期以降…真鯉、緋鯉、子鯉の3匹
    女性の社会進出など家族の価値観が変わりお母さんも登場(父、母、息子)

というように時代によって飾る数が違います。これはどうやら時代背景が影響しているらしいのです。

近藤宮子氏作詞の「こいのぼり」が生まれたのは昭和6年。
その頃は大黒柱の父、跡取りの息子、そして母、というような家長制度が一般的でした。ですから鯉のぼりのお母さんは不在、というよりは、きっと見えないところで家族を支えてるということなのでしょう。

bar01

現代は家族構成に合わせて数を増やしたり、娘用にピンクの鯉のぼりを追加したりと基本の黒、赤、青の三色の順番さえ守ればそれ以降は自由に飾って良いのだそうです。

しかし最近では時代に合わなくなってきているのか、飾っているお宅はずいぶんと見かけなくなった気がします。住宅事情などから室内で飾れるコンパクトタイプのものが人気なのだとか。

そんな話を聞くと「屋根より高い鯉のぼり」は、いつか遠い昔の話になってしまうのかもしれませんね。