2月11日は建国記念の日ですね。

突然ですが、建国記念の日は「日本が建国された日を記念する日ではない」ということをご存じでしょうか。

どういうこと?と気になりますよね。「建国記念」の日なのになぜ「日本が建国された日を記念する日ではない」のでしょうか。

そもそも建国記念の日とは?

まずは建国記念の日について調べてみましょう。

けんこくきねん‐の‐ひ【建国記念の日】
国民の祝日の一。2月11日。昭和41年(1966)、建国をしのび、国を愛する心を養うという趣旨で制定され、翌年から実施。

goo辞書
http://dictionary.goo.ne.jp/jn/69614/meaning/m0u/

ここで注目していただきたいのは、昭和41年に制定されたということ。あれ?随分と最近の話なのね、とびっくりされた方も多いはず。

実は現在の建国記念の日は、昭和に制定された比較的新しい祝日なのです。長い歴史を持つ日本で、建国に関する記念日が最近制定されたものだなんて意外ですよね。では制定される以前はどうだったのでしょうか。

紀元節が建国を祝う祭日だった

建国記念の日になる以前、2月11日は「紀元節」という建国を祝う祭日でした。

紀元節とは、初代の天皇である神武(じんむ)天皇が即位した日とされる紀元前660年1月1日(旧暦)を日本の紀元として定め、祭日にしよう!とのことから、明治6年に制定されたもの。2月11日という日付は初代天皇が即位した日を明治時代に新暦に換算したものなのだそうです。

紀元節では宮中の賢所、皇霊殿、神殿で紀元節祭が行われ、全国の神社でも紀元節祭が催されていたそうです。

しかし、第二次世界大戦後の昭和23年。天皇を中心とした日本人が再び立ち上がってしまっては困るとのGHQの意向により、紀元節を廃止。その後、昭和26年頃より紀元節復活の声が上がり、賛否両論ある中、「建国をしのび、国を愛する心を養う」という趣旨で昭和41年に改正され復活しました。それが現在の「建国記念の日」なのです。

建国記念日ではなく「建国記念の日」なのはナゼ?

なぜ「建国記念日」ではなく「建国記念の日」という名称なのか気になったことはありませんか。気になる以前に気づいてなかった!なんて方もいるのではないでしょうか。(実は筆者も間違って覚えていました。)

建国記念日と建国記念の日。どちらとも同じ意味のように思えますが、実は解釈の違いがあるそうなんです。

建国記念日であれば「この日に建国しました」という記念日になります。
紀元節660年1月1日に神武天皇即位と日本書紀に書かれていますから、日本という国の始まりがこの日ということになってもおかしくはないはず。

…なのですが、残念ながら日本書紀や古事記の資料では神話的な話が多く正確なことがわからないため、筋書きをそっくりそのまま史実であると言い切れないのだそうです。歴史が古すぎて、ということなのでしょうね。

kenkokukinen2camera-icon『神武天皇東征』 安達吟光

そのようなことから、この2月11日が建国日だ!と決めるのではなく「日本という国が建国された事を皆でお祝いしましょうね」という解釈になるよう、現在の「建国記念の日」との名称になったのだそうです。

建国記念の日は、建国を祝う日ではあるけれど、建国した日付そのものを祝う日ではない ということなんですね。

bar01

日本ではなぜ、建国記念の日に外国のような賑やかなお祭りなどがないのだろうと不思議に思っていたのですが、なんだか紆余曲折あった記念日だったのですね。けれどせっかくの建国に関するお祝いなのですから、ハロウィンやクリスマスで盛り上がるようにこの日も賑やかに楽しく過ごす人がもっともっと増えてもいいのになと思います。