「寒中見舞い(かんちゅうみまい)」「余寒見舞い(よかんみまい)」とは、冬の寒さが厳しい時期に知人やお世話になった方へ安否を尋ねたり、近況報告を送る季節の挨拶状のことです。喪中や年賀状の時期を逃してしまった場合などに年賀状の代わりとして送ることもあります。

寒中(余寒)見舞いを送る時期

  • 寒中見舞い1月8日~立春(2月4日)まで
    寒中見舞いは、「寒(かん)」の時期に出す挨拶状という考え方もある。「寒」とは、小寒(1月5日頃)~立春の前日(2月3日)までの期間のこと。年賀状は松の内(1月7日)までに届く新年の挨拶状なので、寒中見舞いは1月8日以降に届くように送るのが良い。
  • 余寒見舞い:立春(2月4日)~2月末頃(または3月上旬)まで
    春になりましたがまだまだ寒いですね、という挨拶状なので暦の上で春である立春(2月4日)~2月末くらいまでは余寒見舞いとなる。寒い地方に送る場合は3月上旬くらいまで送っても良い。
寒中(余寒)見舞いの基本の書き方

基本は5つの構成で成り立っています。例を用いて書き方についてご紹介します。

1.冒頭のあいさつ
「寒中(余寒)お見舞い申し上げます」など、寒中・余寒をお見舞いする冒頭のあいさつを書きます。 本文より大きめに書くとバランスが良いです。句点は不要。

2.時候のあいさつ
「寒い日が続いておりますが…」など季節に応じた心情や季節感を現す言葉を書きます。(時候の挨拶は省略する場合も。) そのあとに「いかがお過ごしですか」など相手の健康を気遣う言葉を続けます。

3.本文
自分や家族の近況報告や年賀状のお礼や欠礼のお詫びなどを書きます。

4.結びのあいさつ
相手への健康の気遣い、無事を祈るの言葉や今後も変わらぬお付き合いをお願いする言葉などを書きます。

5.日付
送った日付を書きます。余白がない場合などは省略可能。

寒中(余寒)見舞いの注意すべきマナー

camera-icon『歌撰恋之部 夜毎に逢う恋』 『青楼十二時 続 戌ノ刻』 喜多川歌麿

頭語・結語は不要
「拝啓」などの頭語や、「敬具」などの結語は使いません。

年賀ハガキは避ける
年賀ハガキや干支や縁起物のイラストが入っているものは避け、通常のハガキで送ります。喪中の場合はハガキの料金額面が落ち着いたものを使用することが多いです。

不快にさせる表現は控える
年賀状を出し損ねた相手に送る場合、「書き忘れた」など相手を不快にさせる表現は控えます。

喪中の場合はおめでたい言葉は避ける
喪中の場合は賀詞やおめでたいとされる言葉は避けます。

目上の方へ送るときはお見舞いではなく「お伺い」
「見舞う」という言葉は、目上の方に対しては失礼にあたると言われています。ですので目上の方や会社のお得意様、お客様などには「寒中お伺い」と書きます。

「、」「。」などの句読点は避ける
もともと句読点はうまく文字を読めない人のために使われ始めたものなので、敬意を払う相手に送る文章や挨拶状に句読点を用いることは失礼にあたると言われています。また「区切りをつけない」という意味合いでも句読点は用いない方が好ましいようです。

こちらの記事もあわせてどうぞ:暑中(残暑)見舞いの書き方・送り方