還暦
かんれき
満60歳(数えで61歳注1

干支は60年で一周し、再び生まれたときの干支に還る(本卦還り)ことから「還暦」という。

古稀
こき
70歳
紫・紺

中国唐の時代の詩人、杜甫の曲江の詩「人生七十古来稀なり」の一節が由来。(当時の感覚では70歳まで生きる事は稀な事であった)

喜寿
きじゅ
77歳
紫・紺・黄

「喜」の草書体は「七十七」とも読める事が由来。

傘寿
さんじゅ
80歳
紫・黄・金茶

「傘」の俗字が「八十」と読めることが由来。

半寿・盤寿
はんじゅ・ばんじゅ
81歳
黄・金茶

「半」の旧字体を分解すると八十一になる事が由来。将棋盤のマス目の数は9×9の81マスである事から「盤寿」とも。

米寿
べいじゅ
88歳
黄・金茶

「米」を分解すると八十八になることが由来。

卒寿・星寿
そつじゅ・せいじゅ
90歳
白・黄

「卒」の俗字の「卆」が由来。祝いに「卒」は適切ではないとする場合も。囲碁盤の星の数は90個であることから「星寿」とも。

白寿
はくじゅ
99歳

「白」の字の上に一を足すと「百」になることが由来。

百寿
ももじゅ・ひゃくじゅ
100歳

100回目のお祝いという意味。「百賀(ももが・ひゃくが)」とも言う。これ以降は百一賀、百二賀などと「一賀」を足していきながら毎年お祝いをする。一世紀が100年であることから「紀寿(きじゅ)」、寿命を長さから「上寿(じょうじゅ)」とも。(60歳を下寿、80歳を中寿とする)

茶寿
ちゃじゅ
108歳
色は特になし

「茶」の旧字体の草冠は「十」が2つ、つくりの部分を崩すと「八十八」。これを足すと108になることが由来。

皇寿
こうじゅ
111歳
色は特になし

「皇」を分解すると「白」と「王」に、「白」は白寿と同様に「九十九」、「王」は「十」と「二」で「十二」になる。これを足すと「111」になることが由来。「川」が「111」と読めることから「川寿(せんじゅ)」とも。

大還暦
だいかんれき
満120歳(数えで121歳)
色は特になし

「還暦」からさらに60年。60年で一周する干支を二週した事。

天寿
てんじゅ
250歳
色は特になし

250歳を表すが「天寿を全うする」と言う場合、250歳まで生きる事ではなく「予め定まっていると考えられる寿命を完全に果たす」という意味。

賀寿(がじゅ)とは

長寿を願ってする歳祝い。日本では奈良時代に中国の風習を取り入れた事からその習慣があり、江戸時代に入り一般的な風習として広まっていったとされている。

数え年で祝うことが本来あるべき姿

賀寿は日本古来よりの風習の為、基本的には「数え年」で祝うことが本来あるべき姿だが、現在では「満年齢注2」で賀寿のお祝いをされる事が一般的になっている。ただし還暦(大還暦も同様)は、生まれたときの干支に還ることを意味しているので「数え年60歳(満年齢59歳)」でのお祝いは間違いとされる。

注1数え年とは…
生まれた時点で1歳と数え、正月を迎えるたびに1つ歳を加える年齢の数え方。胎内にいるうちから生命であると尊ぶ考え方であると思われる。

注2満年齢とは…
生まれた日や基点となる最初の年を0歳として数え始め、以後1年間の満了ごとに1歳ずつ歳を加えていく。日本でこの数え方が広まったのは昭和中期以降、定着したのは高度成長期頃との考察がある。