ね(鼠)
繁殖力がとても強く、成長も早いことから、子孫繁栄と財力の象徴とされる。


うし(牛)
古来より牛は、肉は大事な食料であり、力は農作業や運搬などの労働力であった。社会とも密接に関わる、粘り強さと誠実さの象徴とされる。


とら(虎)
虎の美しい毛皮の模様は夜空の星に例えられ、前身は夜空に輝く星であったと考えられていた。また寅の字は始まりを意味する。決断力と才知の象徴とされる。


う(兎)
穏やかな様子から家内安全、跳躍する姿から飛躍を表す。温厚さと従順の象徴とされる


たつ(竜)
古来中国では龍は瑞祥と言われ、高貴の象徴とされており皇帝のみが使う事を許された文様であった。正義感と信用の象徴とされる。


み(蛇)
執念深いと言われる蛇だが恩も忘れず、助けてくれた人には恩返しを行うと言われている。探究心と情熱の象徴とされる。


うま(馬)
古くから人間と馬の関係は深く、人間も馬を大事に扱っていた。陽気で開放的であることの象徴とされる。


ひつじ(羊)
群れをなす羊は家族の安泰を示し、平和に暮らす事を意味している。家族の安泰と平和の象徴とされる。


さる(猿)
山の賢者で山神の使いと信じられていた。利口と好奇心の象徴とされる。


とり(鳥)
人に時を報せる動物とされる。とりは“とりこむ”とも言われ、商売などに縁起の良いとされる。積極的な行動と素早さの象徴とされる。


いぬ(犬)
社会性があり人との付き合いも古い忠実な動物とされる。勤勉、忠誠、献身の象徴とされる。


い(猪)
猪の肉は万病を防ぐと言われる。無病息災の象徴とされる。

干支(えと)とは

本来の「干支」とは十干と十二支を組み合わせた60を周期とする数詞のことである。暦、時間、方位などに用いられ、その起源は殷の時代の中国と言われている。

動物を当てはめた理由

実はこの十二支に用いられている漢字、動物とはなんら関係がなく、季節ごとに移り変わる植物を表す漢字である。一般庶民に普及させる為に、馴染みのある動物に替えて説明したことから動物が当てはめられたそうな。もちろん順番もあらかじめ決まっているので、各動物に優劣などはない。だがこの普及があったおかげで今でも干支が文化として残ったと考えることも出来る。

猫はなぜいないのか

神様への挨拶に行く日を忘れた猫は、ねずみに聞くも一日遅れの日を伝えられる。当然猫は番外となり仲間に入れなかった。それでねずみを恨んで今でもねずみを追い回す事になった、らしい。