前回の記事(土偶と埴輪の違いって?)に引き続き、今回は土偶にスポットを当てて、国宝・重要文化財に指定されている有名な土偶をご紹介します。

縄文のビーナス(じょうもんのびーなす)

doguu2
camera-icon国宝 「縄文のビーナス」 茅野市尖石縄文考古館所蔵 photo by Takuma-sa

時期:縄文時代中期(約4000~5000年前)
出土:長野県茅野市棚畑遺跡(昭和61年)
大きさ:高さ27cm

縄文時代の集落の中央にある広場の小さな穴の中に横たわるようにして埋められていた。一般的に土偶は故意に壊された状態が多いが、縄文ビーナスは完全な形で見つかっている。特徴として頭が平らに作られ、渦巻き文があることから帽子をかぶっている姿とも髪型であるとも言われている。お腹やおしりが大きく張り出し妊娠した女性の姿が表現されている。ぷくぷくしていて、ちょっとかわいいタイプの土偶である。

縄文の女神(じょうもんのめがみ)

doguu3
camera-icon国宝 「縄文の女神」 山形県立博物館所蔵

時期:縄文時代中期(約4,500年前)
出土:山形県本県舟形町西ノ前遺跡(昭和61年)
大きさ:高さ45cm

直径2.5m、地下1mの範囲から左足、腰、頭、胴、右足など5つに割れた状態で発見された。 縄文ビーナスと同様に故意に壊された形跡はなく、完全な形で残っているとてもめずらしい土偶である。 日本最大の土偶。均整のとれた八頭身の美しい見た目から「縄文の女神」と呼ばれるようになった。パンタロン風の足元がかっこいい土偶である。

合掌土偶(がっしょうどぐう)

doguu5
camera-icon国宝 「合掌土偶」 八戸市埋蔵文化財センター 是川縄文館所蔵 photo by PHGCOM

時期:縄文時代後期(約3500年前)
出土:青森県八戸市風張1遺跡(平成元年)
大きさ:高さ19.8cm

竪穴式住居跡から発見された。膝や腕などの壊れた部分をアスファルトを使って修復した形跡があることから長年大事に使用していたと考えられている。体育座りをして正面で手を組んだ格好から合掌土偶と呼ばれるようになった。  体の一部に赤い顔料が付着していることから当時は全体が赤く塗られていたとされている。祈りのポーズともお産のポーズとも言われているが、顔の様子から力んでいるのではないかと個人的には思う土偶である。

中空土偶(ちゅうくうどぐう)

doguu6
camera-icon国宝 「中空土偶」 函館市縄文文化交流センター所蔵

時期:縄文時代後期(約3200年前)
出土:北海道旧南茅部町著保内野遺跡( 昭和50年)
大きさ:高さ41.5cm

地元の主婦が農作業中に発見した。 出土した南茅部と中空土偶の文字を取って「茅空(かっくう)」という愛称で親しまれている。 中が空洞の中空土偶の中では国内最大級。平成18年に著保内野遺跡を再調査したところ、一帯から翡翠の勾玉や漆片などが発見された。このことから遺跡が縄文時代の集団墓地であり、この土偶は墓地に埋められた埋葬品であることが確認された。良く見るとやさしい顔をしている土偶である。

遮光器土偶(しゃこうきどぐう)

doguu7
camera-icon重要文化財 「遮光器土偶(亀ヶ岡土偶)」 東京国立博物館所蔵 photo by sailko

時期:縄文時代晩期(前1000~前400年)
出土:青森県つがる市亀ヶ岡遺跡(明治19年)
大きさ:高さ36.7cm

 「土偶といったらこの形」と言えるほどあまりにも有名な土偶。しかし残念ながら出土状況が不明な事や足が欠けている事などから国宝に指定されていない。 特徴はなんといってもメガネをかけたような大きな目。北方民族が光除けに着用した遮光器に似ていることからその名称が付いた。 この土偶もまた女性を象ったものであり、胴には紋様が施され朱などで着色された痕跡があるものが多い。 中は空洞の中空タイプ。キモカワイイの言葉がしっくりくる土偶である。

bar01

有名な土偶を時代順にご紹介してみました。みなさんはどれくらいご存じでしたか?

縄文人というのは原始的な暮らしをしていたようなイメージが強いのですが、土偶をよーく見てみると帽子や衣服っぽいものを身につけたり、難しい文様をあちこちに描いていたり…そもそもこんな土の人形を製作して使っていたということですから、かなり文化的な暮らしをしているんですよね。当時の人たちはどんな言葉を話して、どんなことを考えて暮らしていたのでしょうか。

こちらの記事もあわせてどうぞ:日本列島の土器