先勝
せんしょう、せんかち、さきがち、さきかち
「先んずれば即ち勝つ」の意味。何事も急ぐことが良いとされる日とされる。
・午前中は吉、午後は凶。

友引
ともびき、ゆういん
「凶事に友を引く」の意味。かつては勝負事が引き分けになる日と考えられていた。この日に葬式を行うことを忌む習慣がある。
・朝は吉、昼は凶、夕は大吉。

先負
さきまけ、せんぷ、せんぶ、せんまけ
「先んずれば即ち負ける」の意味。何事にも平静であることが良いとされ、急用は避けるべき日とされる。
・午前中は凶、午後は吉。

仏滅
ぶつめつ
「すべてが不吉」の意味。何事も虚しく終わる日とされる。大悪日。婚礼などの祝儀を忌む習慣がある。仏が入滅と書くが、六曜は仏教とは無関係。
「物滅」とも書くことから「物がいったん滅び、新たな物事が始まる」と解釈し、むしろ縁起が良いとされる事例も。

大安
たいあん、だいあん
「大いに安し」の意味。何事にも吉で成功しないことはない日とされる。大安吉日。縁起が良い日なので婚礼が行われることが多い。
安息日と解釈し「この日に何も行うべきではない」とする説も。

赤口
しゃっこう、しゃっく、じゃっこう、せきぐち
「厄日」の意味。何事にも用いない悪日とされる。火の元や刃物などに注意する日とされる。
・午の刻(午前11時~午後1時頃)のみ吉でそれ以外は凶。

六曜(ろくよう)とは

六曜は暦注(日時の吉凶・禁忌などに関する事項)の一つで起源は中国とされている。
日本では江戸時代末期に民間で使われ始め、明治6年に行われた「明治の改暦」によって爆発的に普及した。現在も婚礼や葬儀の日取りなどを決める時に活用されたりするなど根強く生き残っている。

縁起の良し悪しを信じる習慣

旧暦だった頃の日本では、縁起の良し悪しを信じる習慣があった。暦には必ず暦注が書き込まれており、吉凶に合わせ物事を行うかどうかを決めていたそうな。

明治初期に太陰暦を太陽暦に改めるにあたって「暦に根拠のない迷信を入れてはダメ」という禁止令が発令され、吉凶付きの暦注が使えなくなってしまった。

しかし庶民の中で旧暦に対する要求が高かったため、馴染みのある吉凶付きの偽暦「おばけ暦」が違法に発行され、その中に六曜もひっそりと掲載された。現在の六曜はその名残りと言える。

おばけ暦(ごよみ)とは…
出版元が不確かで神出鬼没に発行されたことから「足が付かない=おばけ」と名づけられた。