立春
りっしゅん
2月4日頃

春の始まり。この日から立夏までが春とされる。旧暦では立春に近い新月の日を元旦としていたことから、現在でも正月のことを「新春」「初春」などと表現する名残がある。

雨水
うすい
2月19日頃

空から降るものが雪から雨に変わる頃。積もっていた雪も解け始め水となる。古くから農耕の準備を始める目安とされてきた。

啓蟄
けいちつ
3月6日頃

地中で冬眠していた虫たちが目覚める頃。ここで言う虫は昆虫に限らず、古くから虫といえばマムシやトカゲ、カエルといった小さな生き物をすべて指した。

春分
しゅんぶん
3月20日頃

昼夜の長さがほぼ同じ頃(と、言われているがが若干昼の方が長い)立春から立夏の中間。この日をはさんで7日間が春の彼岸である。

清明
せいめい
4月5日頃

すべてのものが清らかで生き生きとする頃。清浄明潔の略で「万物ここに至りて皆潔斎にして清明なり」という意味。南から越冬のためツバメがやってくる。

穀雨
こくう
4月20日頃

田植えや畑仕事の準備が進み、それに合わせるように沢山の穀物を潤す春のやわらかな雨が降る頃。春の季節の最後の節気である。

立夏
りっか
5月6日頃

夏の始まり。この日から立秋までが夏とされる。新緑が目立ち始め、風もさわやかになり、いよいよ夏の気配が感じられるようになる。

小満
しょうまん
5月21日頃

太陽の光を浴び、草木の生物がすくすく成長して生い茂る頃。この時期は秋にまいた麦などの穂がつく頃で、ほっと安心する(少し満足)するという意味でもある。

芒種
ぼうしゅ
6月6日頃

稲や麦などの穂が出る穀物の種を蒔く頃。現在の種蒔きはこれよりも早い時期に行う。芒種とは穂先のように芒(のぎ・棘のようなもの)のある穀物の種のことを言う。

夏至
げし
6月21日頃

一年で最も昼の時間が長く夜が短い頃。ではあるが梅雨の真っ只中なので実感されにくい。 この日を境に冬に向かって日照時間が少しずつ短くなっていく。

小暑
しょうしょ
7月7日頃

梅雨が明けが近く、本格的な暑さが始まる頃。蝉の合唱が始まる頃である。挨拶状の暑中見舞いを出すのもこの時期から。

大暑
たいしょ
7月23日頃

最も暑さが厳しく感じられる頃。という意味だが、実際には立秋の方が暑い場合も。暑い時期を乗り切る体力をつけるために、土用の丑の日に鰻を食べるという風習が生まれた。

立秋
りっしゅう
8月8日頃

秋の気配が少しずつ感じられてくる頃。この日から立冬までが秋となる。挨拶状はこの日以降は残暑見舞いに。

処暑
しょしょ
8月23日頃

厳しい暑さが峠を越え、収まり始める頃。朝晩は涼しい風が吹き、秋の気配を感じるように。穀物が実り始めるが秋の台風が訪れる時期でもある。

白露
はくろ
9月8日頃

秋が本格的に到来し、大気が冷えて露ができ始める頃。「白」の字がつくのは、露が光って白く見えることからのようだが、中国の五行説で秋の色が白とされていることとも関係するらしい。

秋分
しゅうぶん
9月23日頃

春分と同様、昼夜の長さがほぼ同じ頃。この日を境に夜が長くなり、夜長の季節へと移り変わっていく。秋分の日を挟んで7日間が秋の彼岸である。

寒露
かんろ
10月8日頃

露が冷気によって凍りそうになる頃。秋の長雨が終わると本格的な秋が始まり、紅葉の準備に入る。この頃は空気が澄み、星々が最も鮮やかに見える時期である。

霜降
そうこう
10月23日頃

朝晩の冷え込みが厳しくなり、霜が降り始める頃。楓や蔦が色づき始め、日本列島が紅葉で真っ赤に染まり始める。

立冬
りっとう
11月7日頃

冬の気配が訪れてくる頃。この日から春分までが冬となる。この時期の春を思わせるような暖かい日のことを「小春日和」と呼ぶ。

小雪
しょうせつ
11月22日頃

わずかな雪が降り始める頃。本格的な冬はまだ先だが、陽射しは弱まり冷え込みが厳しくなる。お歳暮の準備をする目安の時期。

大雪
たいせつ
12月7日頃

いよいよ本格的な冬が到来する頃。山々は雪を纏って冬の姿に。霜柱を踏むのもこの時期から。新年の準備もこの時期から始める。

冬至
とうじ
12月22日頃

一年で最も昼が短く、夜が長い日。古くは冬至が一年の始まりと考えられていた。この日はかぼちゃを食べ、ゆず湯に浸かって体を暖め、無病息災を願う習慣がある。

小寒
しょうかん
1月6日頃

寒さが最も厳しくなり始める頃。この時期を「寒の入り」といい、寒さの始まりという意味。挨拶状の寒中見舞いはこの時期から出し始める。

大寒
だいかん
1月20日頃

一年で最も寒さが厳しい頃。小寒~立春までの30日を「寒の内」といい、大寒はちょうど真ん中にあたる。酒、味噌、凍み豆腐などを仕込むのに最適な時期。

二十四節気(にじゅうしせっき)とは

一年を春夏秋冬の季節に分け、さらに6分割した季節を表した言葉。元々は中国の戦国時代の頃に太陰暦による季節のずれを正すために作られたものである。

二十四節気と雑節(ざっせつ)

江戸時代に二十四節気を暦に導入するが、中国と日本とで気候に多少のずれが生じるため、気候合わない時期や名称が出てきてしまった。それでは農作業や生活おいて適切な季節読み取ることができないので、補う形で節分・土用・八十八夜・入梅などの日本独自の暦「雑節」を設け、二十四節気とともに使われてきた。二十四節気と雑節は明治改暦で暦としての役割は終えたが、現在の暮らしにも深く根付いている。

【主な雑節】

節分(せつぶん)
節分とは季節の始めりの日(立春、立夏など)の前の日のこと。江戸時代以降は特に立春の前日を指すことが多い。

彼岸(ひがん)
春分、秋分を中日とした前後7日間を彼岸といい、それぞれ「春彼岸」「秋彼岸」と呼ぶ。

八十八夜(はちじゅうはちや)
立春から数えて88日目のこと。この日に摘んだお茶を飲むと長生きすると言われている。

入梅(にゅうばい、ついり、つゆいり)
梅雨に入る最初の日のこと。芒種から5日目のことを指す。

半夏生(はんげしょう)
夏至から数えて11日目のこと。この日までに田植えを済ませこの後は田植えをしないという習慣もあった。

土用(どよう)
立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間のこと。一般的には夏の土用を指すことが多く、夏の土用の丑の日に鰻を食べる習慣がある。

二百十日(にひゃくとおか)
立春から数えて210日目のこと。台風が来るなど荒れやすい季節と言われ、農作物に影響が出るため、農家は厄日として警戒をしていた。